上手に探してお得に住もう!賃貸マル秘交渉術を教えます!

間に賃貸エージェントを挟んで交渉しよう

賃貸物件を借りる際には、駅前の不動産屋を利用して仲介してもらうことが一般的です。しかし、駅前の不動産屋で案内される部屋が、本当に希望した条件と合っているかどうかは冷静に確認する必要があります。なぜなら、不動産屋の担当者は、自社管理物件でもなければオーナーと会ったことすらない可能性が高いからです。
初期費用が予算を超えてしまった場合や、住みたいけれども譲れない条件がある場合、最初から賃貸エージェントを挟んで依頼すると交渉してもらいやすくなります。不動産屋同士で仲介手数料やオーナーから出る広告料の配分を決めて、例え家賃半月分でも初期費用を抑えられれば契約するとなった場合、賃貸エージェントがオーナーから直接依頼されている不動産屋と交渉をしてもらえるからです。個人相手では交渉しない不動産屋であっても、業者同士ならば交渉に応じることがあるからです。

オーナーと直接契約すれば交渉しやすい

インターネットで賃貸情報を閲覧出来るようになったことで、借り手が長期間現れない部屋と、すぐに埋まってしまう部屋の2極化が進んでいます。不動産屋で紹介を受ける部屋の中には、オーナーから急かされて空室を早く埋めるために多額の広告料が出ている物件も少なくありません。
しかし、オーナーと直接契約すれば、仲介者が存在しないことになるので、オーナーは広告費を払う必要が無くなり、入居希望者にとっても仲介手数料が不要になります。双方にメリットがある直接契約だからこそ、インターネット上で直接オーナーが入居希望者を募集しているサイトが人気を集めています。物件案内時には、オーナーが直接案内をするので、不明点はその場で確認出来る上に交渉もしやすくなるでしょう。即決即断出来る環境だからこそ、直接契約は増えています。

室蘭ではエリアを絞って物件を探すことができます。なので、できるだけ室蘭の賃貸でベストな部屋を見つけましょう。